guarantee保証規定

  • TOP
  • 保証規定

東日本ミリングセンターの
製品保証規定について

東京都渋谷区の「東日本ミリングセンター」では、国産にこだわった歯科技工物を、低価格・短納期でご提供しています。

ここでは、当センターの製品について、保証規定をご案内いたします。ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

製品の保証規定

東日本ミリングセンター製造の一部のフレームについては、Zrに1年、CAD/CAM冠に半年の保証が適応されます。適応の有無に関しては、下記をご参照ください。

保証規定
  • 弊社にて製作された補綴物である。
  • Zrの調整が注水下、もしくは冷却しながら行われている。
  • フレームやコネクターの設計が、適切な数値(注1)を満たしている。
  • ポンティックは連続して2本とする。
  • 製作ご依頼時における法律等を遵守されている。
保証対象外
  • 模型上適合しているうえで、口腔内で適合しなかった場合。
  • 支台歯形成が適切な状態(注1)を逸脱している場合。
  • 適切な印象材、石膏、セメントが使用されていない場合。
  • 仮着時の破折、または落下等による口腔外での破折や、紛失。
  • ポーセレン焼成時の応力による破折(築盛に使用するポーセレンのメーカー指示に由来する)
  • フレーム上部のポーセレンやインプラント上部構造物、フレーム下部の支台歯やインプラント構造物の破折。
  • インレー、アンレー、オンレー、メリーランドBr、カンチレバーの製作物の破折。
  • 同症例による二度目以降の破折。
  • シェード・マテリアル等の変更。
注意事項
  • 保証をお受けになられる際には、前回製作物の提出をお願いいたします。
  • 納品製作物が届いてから5日以内にご報告ください。
  • 形態修正や咬合調整等により無理な力が働き破折に至った場合、保証の対象外となる可能性がございます。
  • 支台歯形状や平行性の良くない場合、製作物に影響する場合がございます。
  • アンダーカットの生じるカットバック等はミリングで再現できない場合がございます。

(注1)別紙にてマニュアルがございます。弊社までお問い合わせください。

本規定は2021年10月1日に作成されており、状況により変更させていただく場合もございます。
予めご了承ください。

東日本ミリングセンター